「地金型金貨」は投資専門の金貨。その魅力は

日本では、天皇陛下ご即位やオリンピックなど、国家的な行事があると、
それを記念して、美しい記念金貨が発行されます。「収集型金貨」とい
って、金の価格より高額で売買されるものです。

それに対して、「地金型金貨」は投資用に発行されている金貨。金地金
の時価に、少額の上乗せをした価格で売買されます。

日本の金地金商や鉱山会社などで、カナダやオーストリアが発行した地
金型金貨を購入することができます。いずれも金の純度が99・99パ
ーセントで、発行元の政府が重量や品位を保証しており、安心して購入
できるものです。

カナダ発行の金貨は「メープルリーフ金貨」。名前のとおり、カナダを
代表するサトウカエデの葉がレリーフされています。オーストリア発行
の金貨は「ウィーン金貨ハーモニー」。こちらは、音楽の都ウィーンを
象徴する管弦楽器がレリーフされたものです。

地金型金貨のメリットは、金地金よりも手軽に購入できること。地金型
金貨の価格は、発行年や発行量に関係なく、あくまで金地金の価格をも
とに決定されるからです。

たとえば金価格が1グラム4000円なら、1/10トロイオンスの金
貨は上乗せ分を加えても、1枚約1万4000円前後。緻密な鋳造技術
を駆使した金貨ならではの美しさもあって、ちょっとお金が貯まったと
きの楽しみとして、1枚ずつ購入する人もいます。

関連記事

ページ上部へ戻る