金の延べ棒を購入する場合、注意点はありますか?

金の延べ棒には、5グラムから1キログラムぐらいまで様々なサイズが
用意されています。販売する会社によって取り扱っているサイズはマチ
マチですが、100グラム、500グラム、1キログラムの商品を扱っ
ている会社が多いようです。

金の延べ棒の価格は単純に、その日の金の価格にグラム数をかけて計算
しますので、当然のことながら、小さいサイズほど価格も安くなります。
ただ小さいサイズの場合、パーチャージという手数料がかかりますので
ご注意ください。

このパーチャージは購入時にはかかりますが、売却時には上乗せしませ
ん。よって割高で購入して、時価で売却することになるのです。パーチ
ャージが加算されるのを避けたいなら、500グラムや1キログラムの
商品を購入しましょう。

ただ現在は相続税対策や支払調書の提出義務などの理由から、100グ
ラムの商品がよく売れています。金価格が上昇し、キロ単位で購入する
とかなり高額になりますから、手数料分が割高でも、100グラムで購
入するのも分散メリットがある点から検討すべきだと思います。

日本においては、田中貴金属工業のような地金商や、三菱マテリアル、
住友金属鉱山のような製錬会社まで、自社ブランドの金の延べ棒を製造
し、販売しております。ただブランドが異なっても、重さや品質が同一
ならば、金の延べ棒としての価値は同じであり、その日の相場価格で売
買されます。

金の延べ棒などを購入する時の価格を金小売価格と呼びます。金は24
時間、世界中で取引され、価格も変動します。この市場価格に保険費込
みの輸送費や手数料を各社それぞれ加算して、販売します。

金の延べ棒を扱う会社では、当日の金の小売価格を表示し、1グラム当
たりの円建ての価格が消費税込みで各社のサイトや店頭に掲げられます。

一方、我々が金を売却する時の価格を金買取価格と呼びます。こちらも
1グラム当たりの円建て価格を消費税込みで表示しています。

金小売価格と金買取価格の間には差があり、我々の方から見ると高く買
って、安く売るような感じになります。これをスプレッドと呼び、この
価格差が販売会社の利益となります。

スプレッドも各社で異なりますが、日本の場合フォーナインと呼ばれる
純度99,99%の延べ棒ばかりですので、品質的な違いはほぼありま
せん。また現在はリサイクル会社が自社ブランドの金の延べ棒を製造し
たり、外国の会社の延べ棒も流通するようになっています。

金の延べ棒の表面には、製造番号、ブランドのマーク、重さ、品質など
が刻印されています。純度が高いことを示すのが99,99の刻印で、
純金であることを示しています。

金の延べ棒には「ロンドン・グッド・デリバリー・バー」と呼称される
ロンドン貴金属協会が公認するブランドがあり、このブランドがあれば、
世界中どこでも買い取ってくれます。

2013年3月現在、小売のスプレッドは80円ぐらいですので、購入
し、すぐに売却すると80円あまりの損をすることになります。金の延
べ棒への投資は、短期的ですと損を出す可能性が高いようです。

日本においても「日本金地金流通協会」があり、この協会の会員ならば
信用できます。LBMA公認ブランドは現在60社以上あり、日本の企
業も含まれます。

関連記事

ページ上部へ戻る