日本の金鉱脈のあやうさと今後の見通し

金鉱山はどのようにして探していたのでしょうか。金属探知機をはじめ
とする便利な機械がなかった時代、昔の人は山に分け入り、ひとつひと
つ探していました。現在では人工衛星で宇宙から金鉱脈を見つけてボー
リングしています。昔に比べたらはるかに楽に見つける事が出来るので
すが、問題はその金鉱脈のある場所。見つける事が出来た所で採掘出来
るのかが次の問題になってきます。

人類は長年、金を採掘してきたため、見つけやすく掘りやすい場所から
はほとんどとり尽くしてしまいました。ですから、そう簡単で掘りやす
い場所に金は見つかりません。

現在では地下のものすごく深い所や、海底のさらに深い所で掘り進まな
いと産出できないなどといった、条件の悪い鉱脈が目立つようになりま
した。歩いて簡単に行けるような、そんな好条件の鉱脈が見つかれば、
今の研究で「将来、金が不足するのではないか?」という説がささやか
れる事はないでしょう。そういう意味では、現在の日本は金の産出に大
きな問題を抱えている事になります。

しかし、金の採掘量が減ったとしても金の需要と供給のバランスが崩れ
る事は無いかもしれません。ここまで、長い間金は繁栄の礎となってき
たのです。人によって見解は違うかもしれませんが、デフレにもインフ
レにも強い金が、そう簡単にバランスを崩すとは考えられないためです。

関連記事

ページ上部へ戻る