金を掘るには資金が必要、世界各国のお国事情は・・・

1886年、日本では明治19年。その年に、南アフリカはヨハネスブ
ルグの南、ウィットウォーターズランド丘陵で、大規模な金の鉱脈が発
見されました。400キロにおよぶ露頭の大金脈が見つかったのです。

露頭とは、鉱床が地表に露出している状態のこと。つまり掘りたいもの
が地表に見えてるのですから、採掘は容易です。地元のアフリカ人労働
者だけでは手が足りなくなり、中国人労働者も導入して、南アフリカは
世界一の産出量を実現しました。

ですがその後、金の生産コストの上昇によって、南アフリカは世界一の
座を失うことになりました。

2009年の「産金コスト」は1トロイオンス(約31・1グラム)あ
たりが721ドル。世界平均が617ドルでしたから、これはかなり高
額なコスト。それに、露頭の金鉱脈は、掘りやすいだけに、すぐ堀り尽
くしてしまいます。

掘りやすい場所がなくなってしまったので、現在の採掘現場は平均で地
下2700メートル、最深では4000メートル。千メートル単位の地
下世界。地圧は高く、地熱は40度から50度にもなることがあります。

その環境に対応するには、エレベーター、換気、冷房などの、多くの設
備投資をしないといけません。さらにそれらを現場で使うには、高額の
電気代も必要です。南アフリカが1990年代に民主化すると、人件費
や資材代、電気代までもが値上がりし、採算がとれなくなっていきまし
た。いろいろな事情が重なりあい、南アフリカの「産金コスト」は高額
につりあがっていったのです。

これに対して、中国やインドネシアなどには、今でも露頭の金鉱脈が残
っていて、今後の開発が期待されます。いつかこれらの国が、露頭の金
鉱脈をすべて掘りつくす可能性はありますが、その場合も、南アフリカ
の前例に学ぶことが可能といえるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る