世界一の金生産国ではなくなったけれど・・・

19世紀末、ヨハネスブルク近郊の農村で巨大な金鉱脈が発見され、南
アフリカの探鉱事業がはじまりました。1897年には世界一の金生産
国となり、その後100年以上に渡り世界一であり続けました。

金の年間生産量がピークに達したのは1970年。生産量は1000ト
ンを超えていました。カリフォルニアのゴールドラッシュ時のピークが
年間93トンでしたから、それとくらべるとケタ違いの生産量です。

今日まで地球で採掘された金の総量は16万トンと言われています。南
アフリカで採掘された金の総量は5万トン。つまり、世界の金の3分の
1が、このときの南アフリカで採掘されたことになるのです。

そこまでの生産量を誇りながら、南アフリカは2007年、世界一の座
を中国に明け渡しました。南アフリカでは人種隔離政策により、人口の
80パーセントを占める黒人が全土の10パーセントの荒地に押し込め
られていました。世界一の金の生産で得た利益も、その富は一握りの白
人に独占されていました。

1994年にアパルトヘイト政策が撤廃され、南アフリカでそれまで優
遇されていた白人の資本家、テクノクラートが国外に流出していきまし
た。その影響で南アフリカの金の生産力が落ちてしまい、金生産量世界
一からの転落につながったのです。

それだからといって、南アフリカがアパルトヘイト政策の撤廃を後悔す
るはずもありません。南アフリカは金生産量世界一の座を明け渡す代わ
りに、それとは別の富を手に入れたのです。

関連記事

ページ上部へ戻る