日本で金を見つけたいと思ったら・・・その手がかりは?

2011年、北海道の弟子屈町で、金を含む岩石が発見されて話題にな
りました。弟子屈町で金鉱脈を探査していた会社が、採取した岩石サン
プルに、金が含まれていることを発見しました。世界の金山の平均埋蔵
量の6倍以上の金が眠っている可能性のあることが判ったのです。

地元ではゴールドラッシュへの夢がふくらんでいます。

ただ、弟子屈町の鉱床は、100万年ほど前に形成されたもので、有名
な鴻之舞の金山の鉱床は、1000万年以上前に形成されたもの。

鉱床は地下深くで形成されます。マグマなどの働きで、長い時間をかけ
て、たまたまそれが地表に上昇した場合、そこに含まれている金や銀な
どの採掘が可能になるのです。

地質学的に新しい鉱脈は、地下深くで形成はされたものの、それからあ
まり時間が経っていないということになります。その鉱脈が地表に上昇
するまでには何万年もかかるので、待っていられない場合は、鉱脈があ
る地下深くまで、人の力で掘らなければなりません。

鉱床のありかが現代の技術ではたどり着けないほど深い場合もあるので、
金鉱脈の発見は難しいとされているのです。

他には、川で金を探す方法があります。

日本各地で古くから砂金の採取がおこなわれてきました。砂金は、上流
から流れてきた金が砂礫に埋まったものなので、砂金が採取できる川の
上流には、金鉱脈がある可能性が高くなります。

さらに、温泉に金を探す手ががりがあると言われています。

火山帯でマグマが上昇すると、マグマに含まれる金や銀が溶け出した熱
水ができます。その熱水がさらに上昇すると、温度が急激に下がり、金
や銀を含んだ鉱脈をつくります。これは「浅熱水性金銀鉱床」といわれ
るもので、温泉地の地下に存在していることがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る