金は金鉱石に含まれています。それを取り出すには・・・

金は、銀や銅と違って、自然状態でほかの元素と結合し化合物となるこ
とがまずありません。通常「自然金」と呼ばれる単体の鉱物として発見
されます。そのときの状態によって、鉱脈に含まれる「山金」と、川の
砂に含まれる「砂金」に分けられます。

「山金」といっても、肉眼で金の粒子が見えるほど、たくさん金が含ま
れていることはまずありません。多くは石英や炭酸塩のなかに、極小の
粒子として存在します。

南アフリカのヨハネスブルクの金山は、石英質の丸石と珪砂、酸化鉄の
砂が固まったような堆積岩で構成されています。金は石英質の丸石のな
かで、さらにセメントの役割を果たす砂のなかに含まれています。

南アフリカの金山では、鉱脈をダイナマイトで粉砕して、金を含んだ鉱
石を採取します。その鉱石を「ボールミル」という粉砕機で粉末状にし
て水銀にかけると、金が水銀と混ざり合って「アマルガム」という合金
になります。それを加熱すると、水銀だけが蒸発して金が残ります。

この方法だと大きな設備を作らなくてよいので、設備投資が少なくてす
みます。そのため南アフリカでは、現在もこの方法が主流。

また、近代的な鉱山では、銅を精錬する溶鉱炉を使用します。金の鉱石
と銅の鉱石を混ぜて投入し、溶鉱炉から出した後、銅が回収されると、
金と銀が残ります。その残りをもう一度溶かして、今度は銀を回収し、
さらに電気分解をして金を回収するという方法が取られています。

関連記事

ページ上部へ戻る