川の砂金はどこから来るのでしょう?

アメリカのゴールドラッシュは、1848年頃、カリフォルニア州で起
きました。一攫千金を夢見た人たちが、国内からも外国からも殺到。ジ
ョン万次郎がアメリカ船に助けられ、カリフォルニアヘ行ったのもこの
時期と言われています。

ゴールドラッシュのきっかけは、農場の使用人であったジェームズ・マ
ーシャルが、アメリカ川で「砂金」を発見したことです。「砂金」とは、
山腹に露出した金鉱脈が流水で洗われて、下流の砂礫の間に沈殿したも
のをいいます。

もっとも、金そのものがどのように生成されるのかは、よくわかってい
ません。金やプラチナのような高密度の物質は、地球上の気圧や温度で
は生成されそうにないからです。そのため、地球のできる前に金ができ
たと考えられています。

地下のマグマや熱水中に含まれる金が析出すると、金鉱脈ができること
はわかっています。析出とは、結晶が分離して出てくること。その後、
地殻変動などで金鉱脈が露出する。それが雨水や土砂崩れなどで風化し
ていき、やがて金を含む粒子が雨水などで流されて、河川に流れ込む。
という順番です。

その後、金以外の成分が化学反応などによって失われると、金だけが残
ります。下流に行くと、金は重いので砂礫のなかに埋もれていきます。
そうして金の粒子の沈殿した砂礫が「砂金」になるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る