ナゲットと呼ばれるの天然の純金とは何?

金は金鉱石に含まれていますが、高品位といわれる金鉱石1トンからで
も数グラムしか採れません。指輪一個を作るのにも、何トンもの金鉱石
が必要になります。

ですが、非常に稀なことなのですが、ほぼ純金に近い、大型の天然の金
塊が見つかることがあります。「ナゲット」と呼ばれ、「金塊」「貴重
なもの」を意味する言葉。天然のナゲットは1800年代にオーストラ
リアでいくつも発見され中には300キログラム近いものが発見された
こともあります。

「ザ・ウェルカム・ストレンジャー」と、名前がつけられたナゲットも
存在。純度90%以上、重量はおよそ71kg。1989年まで、オー
ストラリア政府発行の金貨のデザインに、このナゲットの姿が使われて
いました。ほんとうにチキンナゲットと似たような姿をしているそう。

日本でも、北海道でたびたび「ナゲット」が発見されています。

北海道の北見枝幸町は、明治30年ごろ「ゴールドラッシュ」に沸いた
ことで知られています。ピーク時には全国から約5万人が集まったそう
ですが、この北見枝幸町で769グラムの金塊が発見されています。

形は中央部が少しくびれた楕円形で、長さ10.6センチ、幅6.4セ
ンチ、厚さ2.4センチの大きさのものでした。

関連記事

ページ上部へ戻る