海水には50億トンの金が溶けている!?

金の含まれる石を肉眼で見て、「この石には金が含まれているぞ」と、
わかることはめったにありません。

肉眼で金とわかるには、岩石1トンあたり30グラム含まれているとい
いのですが、金はよくても1トンあたり3グラム程度しか含まれていな
いもの。肉眼でわかる量の10分の1含まれていれば、金を含んだ石と
してはまだいいほうなのです。

そこで、ドイツで「海水から」金を採集して戦費にあてようという話が
出たことがあります。これは、第二次世界大戦中のこと。

戦争中ですから戦費がかかりますし、新しい兵器も開発したい。その開
発費も必要です。ドイツはその費用を調達するため、昔から知られてい
る「海水の金」に目をつけたのです。

一般には、金は水には溶けません。

それでも多少の溶解性はあるので、世界中の海水には約50億トンの金
が溶けている、という説があります。なんとかして戦費を集めたいドイ
ツが、海水を集めて金を採集しようと思いついても、不思議ではありま
せん。

ただし、海水の金の濃度は、0.0005ppm。つまり、100万ト
ンの海水のなかに、500グラムです。ドイツは結局「戦費は欲しいが、
いくらなんでも無理」という結論になったようです。

関連記事

ページ上部へ戻る