人類が今までに掘り出した金のすべてを集めると・・・

有史以来、人類の掘り出した金の総量は「約16万5000トン」とい
われています。そう聞いてもピンときませんが、これは、オリンピック
で使用される競泳用プール3杯半程度の量。

競泳選手がここを三往復半するのに、何分かかるかを考えると・・・、
長い歴史の中で人類が掘り出した金の総量が、それほど多い量ではない
ことがわかります。

いっぽう、未発掘の金の埋蔵量のうちで、確認されているのは約7万ト
ンと推定されています。同じ競泳用プールでいえば、1杯半。競泳選手
なら、すぐに一往復半してしまうでしょう。

ここ数年、年間の産出量は2500~3000トンですから、現在のペ
ースで掘り出していけば、おそらく20~25年で掘り尽くしてしまう
見込みです。

もっとも、石油も、かつて「あと30年で枯渇する」といわれながら、
実際に30年がたっても、まだまだ枯渇する気配はありません。

これは新たな油田が発見されているからで、金の場合も、掘りやすい場
所を掘ってしまっただけ、まだ掘れる場所はある、という説を唱える専
門家もいます。

それに、石油は使いきりですが、金はリサイクル可能。金の採掘技術も
日進月歩ですし、今後は「都市鉱山」の開発も進んでいくでしょう。

将来的には、競泳選手がなかなか往復できないような量の金が、供給で
きるようになるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る