カリフォルニア・ゴールドラッシュの終焉

カリフォルニアのゴールドラッシュは、サクラメントに近いアメリカ川
からはじまりました。アメリカ川の砂金がとり尽くされた後は、金採掘
の現場はロッキー山脈や、シェラ・ネバダの山々へと移りました。ちょ
うどそのころ、川へ流出する砂金の源泉、つまり金山が発見されたから
です。

アメリカ川の砂金を取っていた頃に一般的だった方法は「選鉱パン」と
呼ばれるザルを一人ひとりが手にもち、川の底をさらうという原始的な
方式でした。金山が発見されてからは専用の設備が整えられ、本格的な
金山開発がはじまりました。

専用の設備での採掘が本格化したため、金の産出量は増えました。です
が、市場で金がダブつくほどになってしまい、市場価値が低下し採算が
合わなくなりました。資本家たちは金山開発から手を引き、金山は次々
と閉鎖に追い込まれたのです。

カリフォルニアには、いまも豊富な金が眠っているといわれるますが、
ほとんどの金山は閉鎖されたまま。

カリフォルニアのゴールドラッシュは終わりましたが、今も「ゴールド
ラッシュ」と呼べる現象が世界各地にあります。たとえばブラジルでは、
アマゾン川の砂金を求めてジャングルに入る人々がいて「ガリンペイロ」
つまり「夢を追う人」と呼ばれているそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る