金はどれくらいの生産コストが必要?

新産金にかかる生産コストには、採堀費用、製錬費用、鉱山の権利金、
生産にかかる税金などがあります。これに減価償却費をプラスしたもの
が全体のコストになります。金鉱の状態によってはだいぶん事情が異な
ってきます。

南アフリカを例に挙げれば、かの国の金鉱は、地下3000メートルか
ら4000メートルの間にあり、採堀するためには、大量の機材と時間
が必要で、その分生産コストが高くなります。一方中国では露天堀りが
今でもメインですから、生産コストは比較的安く済みます。このような
新産金の生産コストの平均は、1トロイオンス当たり1200ドル近辺
だと言われています。

鉱山会社が新しい金脈を発見したら、採堀、破砕、製錬、形成するまで
のコストを計算し、仮に採算割れしそうでしたら採堀しません。仮に金
の価格を1500ドルとすると、生産コストが1000ドルかかるとす
れば、1トロイオンス当たり500ドルの儲けになりますが、生産コス
トが2000ドルかかると逆に500ドルの赤字になるのです。赤字に
なると株主が黙っていませんので、利益が見込める鉱山ではないと採堀
しないのです。

毎年、金の生産コストは上昇しています。その理由は、人件費の高騰に
加え、権利金や税金、機材に使う燃料の価格、採堀に使う薬品の値段な
ど、あらゆるもの値段が急上昇しているからです。また世界的なインフ
レ傾向も生産コスト上昇の理由に挙げられます。今後、上がることはあ
っても、生産コストが下がることはまず無いと考えられます。

生産コストは、金の価格の下値の目安になります。生産コストを割り込
んだ価格で金を売る業者がいる訳がないからです。アナリストの中には、
2015年の金の生産コストの世界平均が1900ドルになると予測し
ている人もいます。現在生産コストがダントツで安いのが中国です。も
し中国の人件費が上昇すると、生産コストも当然上がり、金価格がさら
に高騰する可能性が高くなります。

仮に生産コストより金の価格が下になったら、新産金の生産は止まるで
しょう。そうすると供給が間に合わなくなり、価格が上昇するでしょう。
そうなると新産金の生産は再開され、今度は金の価格が下がることにな
ると考えられます。

不変性という金の特性から、金が消えてなくなることはありません。新
産金が毎年採堀されているのですから、金の総量も毎年増えていってい
ます。いわゆる都市鉱山にもたくさんの金が眠っている状態です。新し
く金鉱山から採堀するより、都市鉱山から収集する方がコストを抑えら
れるなら、そちらを主の金の供給源とすべきです。

現在日本には、金を採掘できる鉱山は、菱刈鉱山しか残されていません。
しかし一方で、日本企業には、都市鉱山を含む中古金スクラップから金
を収集する技術に長けたところがたくさんあり、そういう企業は現在ス
クラップの回収に力を入れています。

金のスクラップは様々な形状になっています。一番馴染みがあるのは、
装飾品のスクラップではないでしょうか。こういったものは、金純分が
高く、リサイクルも容易にできます。日本よりも価格競争力がある、外
国の製錬所に輸送して、そこで製錬し、純度99.99%の金に鋳造し
直すのです。

日本が強い金リサイクル分野は、電子部品からリサイクルする分野です。
パソコンや自動車の電子部品から金を取り出すには、高度な技術を必要
とします。日本の製錬会社の中には、過去の製錬技術を応用し、不純物
が混じったものから、金だけを抽出する技術に長けた企業もあります。
こういった類の技術は、日本企業の独壇場です。

もちろんスクラップに含まれている金の純分は、金鉱石に含まれるそれ
よりかなり高いため、しっかりとした技術と物流網があれば、十分に採
算が合います。

関連記事

ページ上部へ戻る