金は世界のどこで産出されているの?

新産金、つまり新しく掘り出される金の総量は、年間2800トン程度
です。そして2007年以降世界最大の産出国になったのが中国で、3
70トンの金が毎年産出されます。次に産出量が多いのがオーストラリ
アの258トンで、以下アメリカ232トン、ロシア211トン、南ア
フリカ198トン、ペルー188トンとなっています(いずれも201
1年の産出量)。地域的には世界各地に点在しており、そのことが金が
安定供給できている理由になっています。

以前は、金と言えば南アフリカといわれ、南アフリカが世界最大の金産
出国でした。1960年から1970年までの間、産出量は毎年100
0トン以上を誇り、世界の金産出量の半分を占めていて、他を寄せ付け
ないガリバー的な存在でした。ところが1980年代に入ってから産出
量が激減、2012年に至っては年間産出量は180トンを割り込み、
世界第6位まで順位を下げてしまったのです。

金の産出量が激減した理由は、金の採堀法にあります。埋蔵量だけで言
えば、南アフリカは6000トンあると言われており、現在でもトップ
クラスです。ですが、そのほとんどは礫岩質の堆積岩鉱床であり、また
金鉱床は地表から3000~4000メートルにあるため、そこまで鉱
道を作り、60度にも及ぶ温度を調整する機材が必要なのです。そのた
め、金を掘り出すには巨大な資本が必要です。南アフリカがアパルトヘ
イトと呼ばれる人種隔離政策をとっていたのは、黒人労働者を効率よく
金採掘に使うためだったのかもしれません。その証拠にアパルトヘイト
が撤廃されてから、南アフリカでの金の産出量は減少しているのです。

南アフリカの金の産出量が右肩下がりに減少している一方、ここ最近、
右肩上がりに金の産出量を増加させているのが中国です。高い経済成長
とともに増大した中国国内の金需要を満たすために、鉱山会社が増産体
制に入っています。また経済成長で資金調達が容易になったことも追い
風になっています。政府の後押しもあり、中国の金生産はさらに拡大す
ると思われます。中国の主な金生産地は、山東省、湖南省、福建省、内
モンゴル自治区で、これらの地域だけで中国の金生産量の47%あまり
を占めています。

オープンピットと呼ばれる金鉱山スタイルが、オーストラリアでは有名
です。大陸の西側にある「スーパーピット」と呼ばれる、アリ地獄に形
状が似ている金鉱山は、月から見える地球上の人工物2つのうちの1つ
だと言われています(ちなみにもう一つは万里の長城らしいです)。オ
ープンピット内で、巨大な重機を使って金を採堀するオーストラリアは、
作業効率の面から言えば世界一位かもしれません。

アメリカでは、18世紀から19世紀にかけて、カリフォルニアを中心
にゴールドラッシュに沸きました。最初は世界各地から鉱山掘師たちが
やってきて、個人単位で採堀していましたが、資本が投入され、金鉱山
捜索が本格化するとネバダ、コロラド、アラスカ各州で相次ぎ金鉱山が
発見され、アメリカの金産出量は爆増、現在に至っています。

ロシアについては、冷戦の関係で長らく情報がありませんでしたが、現
在はアメリカと同程度の産出量があります。

日本は、かつて「黄金の国」と呼ばれたこともありましたが、現在は菱
刈金山以外に金を産出する鉱山はなく、年間の産出量も8トンあまりと、
他国と比べるべくもありません。

関連記事

ページ上部へ戻る