金の埋蔵量は世界中でどれくらいあるの?

埋蔵量を経済用語から考える場合、単純に地中深くにある金の量ではな
く、採算ベースに乗る金の量を指します。よって埋蔵量は、価格や技術
や経済状況で変化します。

例えば、昔から、「石油の埋蔵量は、あと30年分しかない」と言われ
ていましたが、その時代から40年経過した現在でも石油は枯渇してい
ません。

埋蔵量とはそんなものなのです。

2012年にアメリカ地質調査所が発表した鉱物商品概要によると、世
界の金の埋蔵量は、オーストラリア7400トン、南アフリカ6000
トン、ロシア5000トン、チリ3400トン、インドネシアとアメリ
カが3000トン、カナダ2400トン、ペルー2000トン、中国が
1900トンです。そして世界各国の埋蔵量を合計すると、5万100
0トンとなるのです。現在毎年2400トンのペースで採堀されていま
すから、20年で金の資源は枯渇することになります。

地中深く存在し、まだ掘り出していないという定義ならば、金はまだま
だ眠っているはずです。火成岩には1トン当たり、0.005グラムほ
どの金を含有しています。同じ1トンの火成岩には、他の金属が、金の
数百倍含まれていることを考えたら、金はやはり希少です。

宇宙から飛来する隕石の中にも、1トン当たり0.65グラムの金を含
み、さらに地球の深奥部の鉄ニッケル部には、相当量の金が含まれてい
ると推測されます。また海水にも金が含まれています。金も水に溶ける
性質が無い訳ではないのです。海水中の金の濃度は、0.0005PP
Mというとんでもなく薄い濃度ですが、地球上の海水の総量を考えると、
50億トンもの金が海水中に溶けていることになるのです。

海水から金を抽出する技術は、まだ確立していませんが、金の価格が上
がり続け、さらに技術革新が進めば、採算ベースに合う抽出法が、開発
されるかもしれません。ちなみに第1次世界大戦当時のドイツの化学者
フランツフィッシャーは、戦費調達のため、海水から金を抽出する実験
を行ったようです。

不変性から、金は掘り出されただけ地上在庫量が増えていきます。その
ため、仮に、地中に埋蔵された金が枯渇したとしても、心配する必要は
ありません。また現在の技術力で採堀できない金も、将来的には採堀で
きるようになるかもしれないのです。

そうすると、埋蔵量が減少することよりも、地上在庫が増加することに
ついて考える必要があるかもしれません。現在の金の地上在庫は、オリ
ンピック用プール3.5杯分で、埋蔵されている金の量はあと1杯分程
度です。しかし金価格の上昇と、技術革新で、たぶん「埋蔵量」が大き
く減少することはないと考えます。

太古の昔から人間が掘り出した金の量は、およそ17万トンです。これ
だけ掘り出すのに4000年かかりました。そう考えれば、残り5万ト
ンを掘り出すには、あと1200年かかる計算になります。もちろん技
術などを加味しますとムダな計算ですが・・・。

金の鉱山は世界各地に点在しており、そのため金の供給には問題はあり
ません。プラチナと異なり、南アフリカで問題が生じても、金にはほと
んど影響はないのです。また現在は都市鉱山の埋蔵量も考える必要があ
ります。2008年に日本の物質・材料研究機構が発表したデータによ
ると、日本の都市鉱山に埋蔵された金の量は6800トンで、世界の金
鉱山埋蔵量のなんと16%に相当します。南アフリカの地中にある埋蔵
量以上の金が、日本に眠っているのです。このことから考えても、金の
埋蔵量の枯渇について、心配するだけ無駄ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る