自動車はプラチナなしには造れない!?その理由とは・・・

世界のプラチナ年間消費量ベスト4は、そのすべての地域が、自動車産
業が活発な地域です。

ベスト1は欧州。2010年の統計で65.5トン。世界全体に占める
割合は27パーセントとなっています。

2位が中国の61.7トン(25パーセント)

3位が北米の46.8トン(19パーセント)

日本が4位に入っていて、35.9トン(15パーセント)

となっています。

プラチナには触媒としての特性があり、その特性は自動車産業に欠かせ
ないものです。触媒とは、特定の科学反応の反応速度を速める物質のこ
とで、プラチナの場合「排ガスの浄化触媒」としての性能があります。

それで、排ガス規制や地球温暖化が注目されると同時に、プラチナも重
視されるようになったのです。自動車産業の景気の動向に応じて、プラ
チナの価格が変動するのは、珍しいことではありません。

ガソリン自動車の排ガスに含まれている物質は、炭化水素(HC)、一
酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)が主です。触媒装置には、浄
化触媒としてプラチナ、パラジウム、ロジウムが使われています。触媒
装置は、これらの有害物質を酸化や還元によって除去することができま
す。炭化水素は、水と二酸化炭素になります。一酸化炭素は二酸化炭素
に窒素酸化物は窒素になります。

それに、プラチナは耐久性が高いので、自動車の点火プラグなどにも使
われています。燃料電池にもプラチナが必要で、燃料電池自動車1台あ
たり、100グラムを使うこともあります。

また、これは自動車ではありませんが、身近なところでは、ハクキンカ
イロの発熱装置もプラチナだそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る