プラチナは値動きが激しく、有事に弱い、と言われるが・・・

プラチナの供給量は、金の30分の1以下。取扱いの全体量そのものが
少ないので、国際社会の政治や経済情勢の影響を受けやすく、価格の変
動が激しくなります。

また、プラチナは自動車用触媒を作る材料であり、産業用の需要が多い
ので、不景気の報道に反応しやすいのも特徴。自動車産業の不景気が報
道されただけで、価格が大きく下落することがあります。

さらに、災害などの有事の際にも、プラチナの価格は下がりやすいと言
われています。

金は価格が下がることはあっても、無価値とはならないと言われていま
す。国家や会社と関係なく、不変の価値があるとされているからです。
貨幣は、もしその貨幣を発行した国がなくなってしまったら、価値がな
くなってしまうのが普通です。株式も似たような性質があって、発行し
た会社があってこそ、価値のあるものです。

しかし、日々の値動きの中では、金もプラチナも同時に上昇したり、同
時に下落することが全くないわけではありません。近年、金価格の高騰
によって、金価格がプラチナ価格を上回るという前代未聞の逆転現象も
起きました。

相場は必ず前例のとおりに変動するとは限りません。長年蓄積されてき
た相場の情報を参考にしながら、常に最新の情報を取り入れていくこと
が必要でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る