世界のプラチナの75パーセントを産出する国がある

プラチナも金と同様、日常よく見かける材料に思えますが、プラチナの
有史来の産出量は、約5000トンだそうです。金(約16万5000
トン)の3パーセント以下。

「プラチナチケット」という言葉があるように、プラチナが「金以上に
貴重なもの」とされるのは、そのため。プラチナはレアメタルのなかで
も、とくに希少な金属。地殻1トンあたり0.001グラム、原鉱石1
トンあたりでも約3グラムしか産出されない。

年間供給量で考えても、金の約2500トンに対して、プラチナはわず
か約230トン。さらに、そのうちの17パーセントはリサイクルされ
たものなので、鉱山生産量は年間188トンほどです。

おもな産出国は、南アフリカとロシア。

南アフリカの総産出量は2010年で138トン、これは世界の4分の
3。ロシアは産出量が24トン、これは世界の13パーセント。この2
力国で世界全体の約90パーセントを占めているので、2ヵ国の供給動
向は、プラチナの価格変動ととって大きな存在です。

第3位は年間8.8トンのジンバブエ(5パーセント)。以下、カナダ
5.5トン(3パーセント)、アメリカ3.5トン(2パーセント)と
続いています。

中国がトップ5に入っていませんが、最も国土が広い国なので、開発が
進むなどして、将来、金のように世界の順位を変えてしまう可能性もあ
ります。

関連記事

ページ上部へ戻る