かつて、プラチナが北海道で産出されていた!?

金よりも貴重と言われるレアメタルのプラチナですが、かつて北海道の
天塩川や石狩川などで、事業として採掘されていたことがあります。

プラチナの産出の様子は、金と同様。鉱石に含まれるものと、川床に堆
積した「砂白金」とがあります。

プラチナをはじめ、パラジウムやロジウムなども含めた白金族は、もと
もと火成岩の一種であるかんらん岩のなかで生まれ、風化作用を受けて
粉々になります。それが雨水などで流され、川原などで砂状で見つかる
ことが多いのです。

北海道を南北に走る天塩山地や北見山脈、日高山脈などでは、内部にか
んらん岩が多いため、白金族が生まれやすいのだそうです。その岩石が
風化して、白金族が分離、川まで流され、砂となって堆積しているとい
うわけ。

世界の砂白金はプラチナが大部分を占めるのに対して、北海道で採取さ
れた砂白金は、プラチナが少なく、主成分はイリジウムとオスミウムで、
2つ合わせてイリドスミンと呼びます。それが北海道砂白金の90パー
セント以上を占める成分です。

そのイリドスミンは、万年筆のペン先にある突端部分に使われるもので、
これを使うと、安定感のある、格段に書きやすい万年筆ができると言わ
れています。

そのためイリドスミンは戦前、万年筆に使うのを目的として、大量に採
取されました。戦時中も触媒や戦闘機の計器類として大量に使われまし
たから、現在では砂白金は激滅、事業としては採取されていません。

関連記事

ページ上部へ戻る