金にはない、プラチナ特有の値動きの原因は

プラチナは2008年の半ばに、大きく値を下げました。

プラチナは為替相場や金利との兼ね合いだけでなく、世界の経済状況に
よって値を大きく動かすという特性を持っています。

金とプラチナの違いにはさまざまなものがあります。

その違いの一つは、プラチナの値動きには、自動車産業界の好景気・不
景気の影響が大きいことです。時には、自動車メーカーに関する報道を
受けて、プラチナの価格が上下することもあります。

景気の低迷を受け、自動車をはじめとする消費財の需要が減ると、自動
車の製造に必要なプラチナの需要も減ってしまい、そのことがプラチナ
の値を下げてしまうのです。

金では普通は、こういうことは起こりません。

また、プラチナは金よりも価格が高いのですが、その分マーケットの規
模が小さい上、供給量も少ないため、大きなファンドが大量に買ったり
売ったりするだけで、すぐに価格変動が起きてしまいます。

プラチナは、もともとの価格が金よりも高く、また、金よりも価格が上
昇しやすいので、魅力のある投資先に感じられます。ですが、金よりも
価格が上昇しやすいということは、逆にいうと、下落もしやすいと言う
こと。

近年は、金があまりにも高騰したため、金価格がプラチナを上回るとい
う逆転現象も起きました。投資先としてプラチナを考えるときは、プラ
チナ特有の現象に注意する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る