金とプラチナの値動きは、同じようで、違う・・・

プラチナも金に倣って、ここ35年の値動きを見てみましょう。

プラチナの値動き全般の大きな動きだけを見ると、金の値動きと似てい
ます。金価格の下落、上昇に影響を与えた主なものは、東西冷戦などの
政治の動向、クウェート侵攻に関して起きたような国際紛争でした。

それに、その時々の各国の経済状態の変化や、為替相場の世界に起きる
さまざまな出来事も、金価格の動向に影響を与えてきました。金がそう
であるように、プラチナの値動きもこれらの影響を受けてきました。

金とプラチナでは、価格が違います。

プラチナのほうが希少ですから、通常はプラチナのほうが価値があり価
格に差があります。ですが、値動き全般の傾向は似ています。しかし、
すべての値動きが全く同じというわけではなく、金とは少し異なる動き
をしている時期があります。

プラチナが時々、金と逆の値動きをすることがあるのは、プラチナには
金にはない特有の性格があるためです。そのため、金には影響せず、プ
ラチナの値動きだけに影響する原因があったり、その逆があったりして、
そのようなことが起きるのです。

金は宝飾品や投資需要が最も多いのですが、プラチナにも同じような需
要があるのですが、需要の比率、つまりどんな目的にどれくらいの必要
とされているかはそれぞれ違います。

2000~2001年、アメリカ同時多発テロの直前まで、プラチナの
価格は上昇しました。ですが、同じころ、金は底値近辺でした。

2000年前後には、アメリカは「ITバブル」と言われる好景気に沸
いていました。ハイテク株を中心に株高が起こり、消費や投資も活発に
なりました。株価が上がると、今後もっと上がるかもと期待して、投資
する人が増えていきます。

金には利息がつかないし、株価が上昇しているうちに、配当がつく株を
買っておくほうが有利と考え、投資する人が増えるのです。株価が上が
りますから、当然、金の価格は下がります。

金とは違って、プラチナは値上がりしました。

株価が上がり、景気が良くなると、産業が活発になります。もともと、
プラチナの需要の大半は産業需要です。それで、好景気になるとより需
要が高まり、価格も上がるのです。

株価が上がり、景気が上向くと、自動車やエレクトロニクス製品が売れ
るようになります。そうすると、プラチナの需要が拡大します。より多
くの人がプラチナを必要とするわけですから、プラチナの価格が上がる
のです。

こういった要因から、2000年ごろのプラチナの価格は、金とは違う
動きになっていったのです。ただし、アメリカ同時多発テロをきっかけ
に、政情不安・経済不安が起こり、値を下げてしまいます。

その後の値上がりトレンドは、金と同じ理由からです。

関連記事

ページ上部へ戻る