日本人はプラチナの白い輝きに魅了されました

ヨーロッパで次第に隆盛を極め出したプラチナですが、ではいつ頃、日
本に伝わったのでしょうか?それはそう古い時代ではないのです。

明治維新後になってようやく日本にも、プラチナをふんだんに使った装
飾品が輸入されるようになりました。当時の日本では、ゴールドよりも
シルバーの人気が高く、シルバー同様、白く美しく輝く貴金属なのに、
手入れをしなくても黒ずむことがなく、いつまでもその輝きを失わない
プラチナは、すぐに日本人の心を鷲掴みにし、魅了していったのです。

この時代から、日本においての貴金属の精密加工の技術が向上していき
ました。プラチナに魅了された日本人の心が、それを後押ししたのかも
しれません。

こうして日本は、世界屈指のプラチナ装飾品の一大消費国となったので
した。

ちなみに明治時代、「ドラ息子、胸にフラチナ時計かけ」という川柳が
読まれています。フラチナとは、明治初期のプラチナの別名で、またプ
ラチナをたくさん使った時計は、富裕層のステータスシンボル化してお
りました。この川柳からは、プラチナが高価な尊い貴金属であるという
ことを、庶民が理解していたということがわかります。また、この川柳
が新聞に掲載されたのが1879年ですので、どれだけ早くプラチナの
価値が日本に広がったのかを示す資料にもなります。

関連記事

ページ上部へ戻る