日本で人気があるのはプラチナリング

日本のみならず、世界でも、プラチナとの本格的な関係が築かれたのは、
およそ300年前。またそれ程長い関係では無いのです。

日本人である我々にとって、プラチナと言えばまず思い浮かべるのは、
結婚指輪だと思います。長い間、変質することなく輝き続けるプラチナ
は、その特性故に、結婚指輪の材料として用いられてきたのです。

しかし世界的に見た場合、それは常識になっているとは言えません。世
界広しと言えども、プラチナで作られた結婚指輪を選択しているのは、
少数の国だけなのです。ヨーロッパやアメリカなどでは、ゴールドリン
グが結婚指輪の主流を占めています。それも、日本のようなシンプルデ
ザインでは無く、凝ったデザインのモノが多く、また大ぶりのリングを
わざと選択するカップルもいます。

ではなぜ日本人は、プラチナで作られた結婚指輪を好むのでしょう?そ
れにはいくつかの理由があります。ひとつは、前述したように皇室がプ
ラチナを好んで愛用しているからと言われています。ミッチーブーム時
のプラチナの大流行を思い出せば、頷ける理由だと言えるでしょう。

もうひとつの理由としては、プラチナの白く輝く色が、ゴールドよりも
日本人の肌の色に似合っていて、より美しく見えるからというものです。
「出しゃばらなく、控え目」という日本人の特性と、「さりげなく上品」
というプラチナの見た目が、絶妙にマッチした結果かもしれません。

ちなみに結婚指輪をつける手や指も国によって異なるそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る