電気自動車の普及は、プラチナの需要を押し下げる?

プラチナは現在、ガソリン車の排ガス浄化装置の触媒として使用されて
います。そしてその分野での需要は莫大です。しかしその一方で、地球
温暖化への懸念から、世界各国で、電気をエネルギー源とした、電気自
動車の開発が急ピッチで進んでいます。この電気自動車の開発が終わり、
普及していくと、将来的に排ガスを一切出さない自動車が一般的になり、
プラチナの需要が急減するのではないかという意見があります。さらに
需要バランスがいっきに崩れ、値段も大暴落する恐れがあるのです。

ですが現在のところ、まだ電気自動車の量産には問題が多いようですし、
電気自動車が普及するまではハイブリッド車がその間を埋めると思われ
ます。ハイブリッド車には、排ガスが出る以上、プラチナが必要不可欠
ですので、プラチナの需要が下がるのは先の事だと思います。またプラ
チナは排ガス浄化装置の触媒だけに使われているのではないので、電気
自動車にも一定量のプラチナが必要なのです。

プラチナは貴金属の中で、飛び抜けて触媒作用が高く、何か新しい技術
が開発される場合は、ほぼ例外なく、大量に使われています。ただしプ
ラチナはもともと貴金属であり、高価ですので、プラチナの代用品の開
発も進められています。

例えば、以前は注射針にプラチナが使われていましたが、現在はステン
レス製が普及しています。そこから考えると、遠くない将来、ペースメ
ーカーや制癌剤も、プラチナの代用物質に代わっていくのかもしれませ
ん。

その一方、先端技術は次々に開発され、それによって新たなプラチナの
需要が生まれています。このサイクルが繰り返されることによって、プ
ラチナの需要は低下しないのです。ですから、自動車の場合も、プラチ
ナの使用量がそこで減少しても、おそらく他の分野で新しい需要が生ま
れます。

貴金属メーカーの使命は、新しい技術に対応できるよう、より良いプラ
チナ製品を開発していくことなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る