重くて変質しない上に、加工しにくい性質を持つプラチナ

みなさんは、プラチナの性質について、どれくらいのことを、知ってお
られますか?プラチナは、18世紀の半ばまで、科学的に認められなか
った不遇の物質でした。そして認められなかった理由は、プラチナがも
つ扱いにくさにありました。

溶かして鋳造するのが、一般的な金属の加工方法です。銀の融点が96
1度、金の融点が1064度、鉄の融点1536度であるのに対して、
プラチナの融点はなんと1770度。他の金属と比較しても、かなりの
高温でしか溶けないことがよくわかると思います。高い温度でしか溶け
ないプラチナは、その溶けにくさのため、不遇な時代が続いたのです。

またプラチナは、酸にもアルカリにも強く、酸化したり変質したりする
ことはほとんどありません。薬品や高温に対する優れたプラチナの耐性
は、逆から見ると、加工しにくいという欠点にもなります。

付け加えて、プラチナは重いという性質もあります。銀の比重が10.
49、金の比重が19.32であるのに対して、プラチナの比重は21
.45もあるのです。これは1面が100平方センチメートルの立法体
の重さが21キログラムを超えることになります。掌に乗る大きさのも
のが21キログラムもあるのを、想像できるでしょうか?

溶けにくく、加工しにくく、さらに重いという性質。先人たちにとって
はやっかいな金属だったと想像できます。

関連記事

ページ上部へ戻る