金貨偽造!プラチナに金メッキをコーティング!?

古代エジプト王国や、インカ帝国が滅亡した後、他の地域でその価値を
認められなかったプラチナは、歴史の表舞台から姿を消し、不遇な時代
を過ごします。

プラチナが歴史上の表舞台に再び現れたのは、インカ帝国が滅亡してか
ら約200年後、1700年代になってからです。1735年、あるス
ペイン軍の士官が、コロンビアのピント川でプラチナ鉱石を見つけまし
た。この士官は見つけたプラチナを「プラタ・デル・ピント、ピント川
の小粒の銀」と呼び、その名称がプラチナの語源になっています。

そのコロンビアでは、プラチナの表面に金メッキをコーティングし、偽
造地金や偽造金貨をせっせと大量に密造しておりました。金に劣らず貴
重なものであるプラチナを、偽造品にするなんて、現在の我々の感覚か
らは考えられません。

1700年代は、錬金術がヨーロッパで隆盛をきわめていた時代でもあ
ります。この時期に、鉛とプラチナを混合すると、金のように見えるこ
とが発見され、錬金術師たちはこぞってプラチナを研究材料としました。
そして、プラチナと鉛の合金で製造された金の偽造品がヨーロッパ中に
広まったのです。

この事態に驚愕したスペイン政府は、プラチナの採堀や輸入を全面的に
禁止にしました。それにも関らず、偽造品の原料としてプラチナは、密
輸され続けたのです。ある意味、まだプラチナの不遇な時代は終わって
いなかったのです。

関連記事

ページ上部へ戻る