価値は銀以下の金属だったプラチナ

エジプトから遠く離れた南米で栄えたインカ帝国でも、実際にプラチナ
が装飾品の材料として使われていました。紀元前100年ごろがその始
まりだと考えられています。

そしてその後、西暦900年代には、なんと純度80%を超えるプラチ
ナ製の装飾具を、インカ帝国の人々は作っていたのです。このことから
インカ帝国民であるインディオたちは、プラチナの精製技術、それもか
なり高度な技術を備えていたことがわかります。

しかしインカ帝国は、南米大陸に上陸したスペイン人であるフランシス
コ・ピサロによって、1532年に滅亡させられてしまいました。

インカ帝国の滅亡時、蓄えられていた莫大なプラチナ製の装飾具は、金
や銀の装飾具とともに、スペイン人たちによって略奪されたと考えられ
ています。当時のヨーロッパでは、銀がたいへん高価だったため、おそ
らくプラチナが銀と勘違いされて略奪されたのではないでしょうか。

しかしご存じのようにプラチナの融点は1770度であり、銀の融点と
はかなりの差があります。そのため銀専用の加工設備では溶かすことが
できず、当時のヨーロッパ人からは、価値のない金属とのレッテルが貼
られ、プラチナは大量に破棄されてしまったのです。現代を生きる我々
から考えればもったいない、本当にもったいないの一言ですが・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る