医療分野でもプラチナは大活躍中!

プラチナは私達の体に近いところでも大活躍中なのです。あまり知られ
てはいませんが・・・。

医療分野での、プラチナの使用状況を見た場合、まずペースメーカーに
プラチナが使用されています。ペースメーカーとは、機能が低下または
失われてしまった心臓を動かす刺激伝導系に代わって、心筋を刺激し続
けて、心臓の収縮運動を人工的に行うものです。腐食しにくい上に、人
間の体の中に入っても金属アレルギーを引き起こす可能性が極めて小さ
いという特性から、プラチナは、体の中に埋め込まなければならないペ
ースメーカーにはうってつけの金属なのです。

ペースメーカーの構造は基本的に、3つのものから成っています。それ
は電池、回路、およびリードであり、プラチナは主にリードの部分に使
用されています。現在、日本でペースメーカーを使ったいる人の数は、
推定30万人。プラチナは、その30万人の命を支えているのです。

また薬の原料としても、プラチナは使われています。プラチナの有機化
合物であるオキサリプラチンは、ガン抑制のための薬の原料として使わ
れており、それは世界中の病院で使用されています。このようにプラチ
ナを使っている産業はどんどん多くなってきており、それにつれて需要
も上がっています。それが希少性と相まって価格を押し上げているので
すが、プラチナの持つ優れた特性を考えたなら、仕方が無いことかもし
れません。

関連記事

ページ上部へ戻る