プラチナは電気電子機器にも欠かすことができません

エレクトロニクス産業でも、自動車産業に劣らず、プラチナを必要とし
ています。

表面が酸化しにくく、接触抵抗が小さいというプラチナの特性が、様々
な電気部品にプラチナが使われている理由です。また磁気記録媒体にプ
ラチナを添加することにより、磁気の強度が格段に強化され、ディスク
の記録容量までもが増やせるという効果があるため、コンピューターの
ハードディスクのような製品にも、プラチナが使用されています。

エレクトロニクス業界以外では、液晶ディスプレイのガラス業界や半導
体業界で、プラチナは欠かすことができないものとなっています。ちな
みに両業界とも、プラチナは製品に使用しているのでは無く、製品を作
るための製造設備にプラチナを使っております。

化学産業や石油精製産業でも、製品では無く、それを作る製造設備に、
プラチナを大量に使用しています。いずれの産業でも、触媒作用や高い
耐久性が評価され、プラチナが大々的に使用されているのです。またプ
ラチナを使った応用技術としては、脱臭触媒として、臭いが発生してし
まう工場プラントなどで、消臭のために使われている例があります。こ
のようにプラチナはどこの業界でも引っ張りだこの状態であり、その希
少さと相まって価格が下がらないのです。

関連記事

ページ上部へ戻る