プラチナは先端技術にも活用されています

プラチナの将来的な需要を考えた場合、一番有望と言えるのが、燃料電
池ではないでしょうか。小学校か中学校の頃の理科の実験でみなさんも、
水に電気を通すことによって、水と酸素に分解したことがあると思いま
す。

燃料電池の場合は、その電気分解と反対に、プラチナの触媒作用を最大
限に生かして、電解質をはさんだ電極の中へ水素を送り込み、さらに逆
の電極に酸素を送り込むことによって、化学反応を人工で起こし、電気
と水を発生させる仕組みになっています。その化学反応を起こす触媒と
してプラチナは、水素側、酸素側、両極で使用されているのです。

次世代のクリーンシステムとして、燃料電池は日本のみならず、世界か
らも期待され、注目されており、家庭用の据え置き型や、自動車掲載型
など、様々な種類のものが、各国の企業で開発されており、競争が激化
しております。

現在ある自動車がすべて、ガソリン車から次世代車に代わった場合、一
時期、プラチナの需要は急低下し、価格も大暴落するのではないかと言
われていました。しかし燃料電池での新しい需要は、排ガス浄化機能と
しての需要が低下したとしても、プラチナの需要をさらに大きくしてい
き、さらに価格を押し上げていくのではないかと今では考えられていま
す。

関連記事

ページ上部へ戻る