プラチナは自動車部品に必要不可欠

プラチナは金と異なり、装飾品用に使われる割合が低く、その代わりに
産業用の需要がかなり高くなっています。

最も多くのプラチナを必要としているのは、自動車産業であり、プラチ
ナ以外のロジウムやパラジウムといったプラチナ族金属を、プラチナと
一緒に、自動車の排ガス浄化装置に、触媒として使っております。ちな
みに触媒とは、「自分自身はそのままで、接触する物質の化学反応を促
進させたり、反対に抑制させたりする物質」のことであり、プラチナは
飛びぬけて、優れた触媒作用があるのです。

一酸化炭素、炭化水素、そして窒素酸化物といった、人間の体や自然界
に有害な物質が、自動車の排ガスに含まれています。プラチナを含むプ
ラチナ族の金属を触媒に使っている排ガス浄化装置は、先程あげた有害
な物質を通すことで、それを二酸化炭素や水など、人間や自然界に無害
なものへ変化させるのです。

プラチナの劣化しにくいという特性のおかげで、この触媒効果は、かな
り持続します。自動車の大きさで、プラチナの使用量が変わってきます
が、だいたい2グラムから5グラム程度が自動車の排ガス浄化装置に使
われています。

自動車の排ガス浄化装置以外にも、点火プラグや酸素センサーといった
部品にプラチナが使用されています。必要不可欠なもの、プラチナは自
動車にとってそういうものになっているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る