プラチナの歴史は、古代エジプトから始まった

人類がプラチナの利用を始めたのは、紀元前1200年ごろだと考えら
れています。金の装飾具を作っていたことで有名な古代エジプトの民は、
プラチナによっても装飾具を製造していたのです。

「テーベの小箱」と呼ばれる物入れが、現存している最も古いプラチナ
製品だと言われています。この物入れは、エジプト第25王朝のテーベ
王の王女で、神官でもあったシェペヌペット1世の墓から出土したもの
でした。ちなみシェペヌエット1世は、紀元前700年ごろの人物です。

この物入れは、プラチナ製とはいっても、物入れそのものはゴールドと
シルバーで作られています。そしてその表面に線を彫って、プラチナを
埋め込んだ構造になっていて、シェペヌエット1世の伝記が綴ってある
のです。本人の伝記が表面に綴ってあるということは、それを作ったの
は、シェペヌエット1世の死後のはずですから、彼女自身がこの物入れ
を使っていた可能性は低いでしょう。

しかし加工しにくいプラチナをどうやって、古代エジプト人たちは物入
れの細工に加工したのでしょうか?残念ながら、プラチナの加工に関す
る古代エジプト人の資料が無く、その方法は現在でも謎のままとなって
います。

ちなみにこの「テーベの小箱」は、パリにあるルーブル美術館で見学す
ることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る