プラチナの歴史に平穏はなかった?

金と比較した場合、プラチナの知名度は残念ながら高くはありません。
歴史上、金貨は何度も鋳造されてきましたが、プラチナ貨が登場したの
はつい最近なのです。小説やテレビドラマに登場する怪盗には、純金製
の金の延べ棒がお似合いですが、怪盗がプラチナの延べ棒を盗む姿なん
て想像できませんよね。

ですが、プラチナだって金と同様、我々が想像する以上に長い長い歴史
がある、由緒正しい貴金属なのです。実際、金を使っていたことでたい
へん有名なインカ帝国や古代エジプトでも、金と同じようにプラチナを
装飾品の材料にしていたのです。

そのような長い歴史を持つプラチナですが、人間がプラチナの重要性を
本当に理解したのは、18世紀以降なのです。つまりまだ300年程度
なのです。そしてその後、プラチナは、装飾品として需要だけでなく、
工業製品の原料としての需要が急上昇しだしたのです。みなさんご存知
のように、プラチナは私達の生活を支える必要不可欠なものになりまし
た。

現代用語において、プラチナというワードは、貴重なモノ、入手困難な
モノの代名詞になっています。「プラチナチケット」という言葉が、お
金を積んだだけでは手に入れることができないチケットを指すというこ
とを、知らない方はいないと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る