プラチナの特性のおかげで、宝石が引き立つ

プラチナ製の宝飾品に人気が集まっている国は、日本を含めても数カ国
しかないのが現状です。残念ながらプラチナを宝飾品として愛用してい
る国は少数派なのです。しかし高級な宝石がふんだんに使用されている
ジュエリーの多くは、プラチナの台を用いています。それは日本のブラ
ンド、外国のブランド両方ともです。この理由は何なのでしょうか?

実のところ、プラチナは粘性が高い金属であり、より小さな爪で宝石を
支えることができるのです。宝石が簡単に台から外れてしまっては、一
大事ですから、高級な宝石になればなるほど、台にはプラチナが使用さ
れる可能性が高くなるのです。

ところでみなさんは、「立て爪」と呼ばれる、数本の繊細な爪によって、
ダイヤモンドを支える石留めの方法を聞いたことがあるでしょうか?

この立て爪は、石留めの一種で、1粒のダイヤモンドが一番美しく見え
るように開発されたものです。ダイヤモンドをより大きく見せるため、
アームを極限まで絞り込み、ダイヤモンドの光を取り入れるため爪を細
くしたスタイルは、絶賛され、現在でも、結婚指輪の定番となっていま
す。特にテファニー社が考案した「テファニーセッティング」と呼ばれ
る6本の爪で支えるリングは人気を集めています。

プラチナの白く輝く色は、どんな色の宝石とも相性は抜群であり、宝石
自身の色を遮りません。そのため、宝石の引き立て役としては、プラチ
ナは適任なのです。宝石の中でも、無色のダイヤモンドとの相性は、他
の追随を許しません。

仮にダイヤモンドを金の台に乗せたならば、金色が透けて、ダイヤモン
ドの透明感は意味が無いモノとなってしまうでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る