プラチナジュエリーがもつ品位の種類

プラチナのジュエリーにはどのような種類があるのでしょうか?また金
のように、純度別の等級があるのでしょうか?

実際プラチナは、金や銀と同じく、何も混ぜない単体のままでは、とて
も柔らかく、形が変わったり、傷がつきやすい繊細な金属なのです。そ
のため、銀やパラジウムといった貴金属を割り金として使い、合金とし
てしまうのが基本的です。

そしてプラチナの品位については、銀と同様に、千分率で表します。純
粋なプラチナを1000とし、950、900、850という4つの品
位で表示するのが通常となっています。ただし最近は、この4つの品位
より低位のプラチナを使用したジュエリーも製造されています。

刻印は通常「Pt」ですが、「Pm」と表示された古いプラチナも現存
しております。

まずPt1000ですが、これはプラチナの含有率がおよそ99,9%
ものを指し、一般に純プラチナと呼ばれています。ジュエリーとしては
柔らか過ぎて、向いていないと言われてました。しかし最近は、ハード
と呼ばれる加工を施すことで、ジュエリーに使うことも可能になってい
ます。

次はPt950です。これはプラチナの含有率がおよそ95%ものを指
し、アメリカやヨーロッパでは、これで作られたプラチナジュエリーが
主流となっている状態です。

Pt900は、プラチナの含有率がおよそ90%のものを指します。残
り10%の割り金としては、パラジウムを使うのが、日本では一般的で、
この品位のものがよく指輪に使われています。一方、アメリカやヨーロ
ッパでは、鋼、コバルト、イリジウム、ルテ二ウムをよく割り金に使っ
ているようです。

最後にPt850ですが、これはプラチナの含有率がおよそ85%のも
のを指します。主な用途は、ネックレスやチェーンです。

日本の造幣局で品位証明を受けるためには、最低Pt850以上の品位
が必要となっています。

関連記事

ページ上部へ戻る