プラチナが大流行したのは、ミッチーブームのおかげ?

日本の女性は昔からプラチナを好みます。そしてその要因のひとつが、
「皇室との繋がりだ」という説があります。というのは、日本において
最も早くプラチナを愛好したのは、他ならぬ皇室だったのです。プラチ
ナがヨーロッパで広がった理由のひとつが、ヨーロッパの王族の愛用だ
ったことを考えるとたいへん興味深いと思います。

皇室の方々は、今日でも、公式行事の時に身につけられている装飾品は、
プラチナに真珠やダイヤモンドをあしらった美しいモノばかりです。こ
のような装飾品が、テレビ等を通じて広く認知された結果、日本の女性
のファッションにも多大な影響を与えたのです。

そしてプラチナ人気が日本において、最高潮に達したのは、昭和34年
(1959年)に執り行われた、今上天皇と美智子皇后とのご成婚の儀
の時だと言われています。美智子様は、プラチナとダイヤモンドで作ら
れたティアラを身につけられており、それをテレビで見た日本の女性は、
美智子さまの清楚な雰囲気と、プラチナの美しい輝きに憧れを抱いたの
です。

つまり、この時日本を包んだミッチーブームが、プラチナの日本での隆
盛を決定づけたとも言えるのです。日本の皇室の影響力のすごさを物語
るエピソードだとも言えるでしょう。ちなみに現在美智子さまがお使い
のティアラは、代々天皇家に受け継がれているモノだそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る