18世紀半ばに入ってやっと名誉挽回

科学者によって、プラチナが銀とは違う元素だと認められたのは、実に
1750年ごろの事だったと言われています。そしてその後、ヨーロッ
パの王族社会を中心に、プラチナは美しく貴重なものであるという認識
が広がっていきました。プラチナはようやく、ヨーロッパにおいて、そ
の特性を正当に評価されたのでした。

プラチナをアクセサリーに取り入れた人物は、1800年代に入ってよ
うやく現れます。その人物の名前は、ルイ・カルティエ、宝石商として
有名な「カルティエ」の3代目です。

それ以前までは、白く輝く美しい貴金属は、シルバーしかなく、選択の
幅がありませんでした。しかもシルバーは、硫化しやすい性質をもち、
少しでも手入れをしないと黒ずんでしまうという欠点があります。一方、
プラチナは、輝きが変化するようなことがありません。製錬も加工も困
難を伴うプラチナですが、融点が高いため、高温に強く、時間が経過し
ても変化しないその存在感が、美しさと相まってヨーロッパ人の心を魅
了したのです。

ルイ・カルティエは、どんどんプラチナを使ったアクセサリーを発表し、
大成功を収めます。あとルイ・カルティエは実用的な腕時計についても
先駆者であり、その腕時計にももちろんプラチナを、彼は世界で最初に
使用しました。

関連記事

ページ上部へ戻る