投資商品としての金とプラチナの違いを知ろう

投資を始めてみようという方にうってつけな現物投資の中でも、筆頭に
挙げられるのが金投資です。そして、金と同様に希少金属であり、金投
資の次に投資先としておススメできるのがプラチナ。ただし、プラチナ
は金とは異なるものであり、相容れない側面も多く持ち合わせているた
め、それを踏まえた上で投資にチャレンジする必要があります。

例えば、金は、ドルへの不安が高まれば、逆に金に投資をして資産を手
堅く守ろうとする投資家が増えるなど、「有事の金」と言われる保険の
意味を持つ投資商品です。この背景には、貨幣は万が一には価値がゼロ
になることがあり得ますが金はそれは絶対に無いということ、火事にな
っても焼けて消失することはないということ、世界どこでも簡単に換金
できることなどの金の利点があります。

一方のプラチナは、金よりも埋蔵量も採掘量も少ない希少金属ではあり
ますが、金が持つ通貨としての性格はほとんど無く、また、金以上に工
業用として広く用いられていることから、各国・各地の経済的情勢の影
響をより受けやすいという点が異なります。プラチナの絶対的価値はど
の国でも失われることはありませんが、換金のしやすさということでは
金にはかないません。

以上をまとめると、金のように堅実な投資商品ではあるものの、値動き
は金とは異なるものであり、また、有事の金と言われるほどの存在感あ
る商材ではないということになります。そのため、実際に併用して投資
するには、金6割プラチナ4割が妥当でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る