プラチナやパラジウムはどんな貴金属なの?

プラチナ、パラジウム、ロジウム、ルテニウム、オスミウム、イリジウ
ムは白銀系と呼ばれる金属です。このうちプラチナとパラジウムは専門
の市場がありますが、あとの4つは直接取引でやり取りされていて、投
資家が入り込む余地はありません。

プラチナ、パラジウムの生産量は年間200トン前後、金の生産量のお
よそ14分の1程度です。太古の昔から掘り出された金の総量は50メ
ートルプール約3.5杯分と言われてますが、プラチナは約4000ト
ン、体積にして1辺が約6平方メートルの立方体ぐらいの量しかないの
です。そのため金と比較してもその希少性が際立っています。

実用性は金よりも高く、需要のうち、約70%が工業用です。そしてそ
の中でも最も需要が大きいのは、自動車の排ガス触媒であり、これだけ
で全需要の40%を占めます。プラチナはディーゼル車に、パラジウム
はガソリン車に主に使われています。

自動車の製造にはこれらが必要不可欠な存在となっております。そのた
め、プラチナやパラジウムの需要は、自動車産業の需要から大まかな点
がわかると思います。当然自動車の売り上げは景気動向の影響を受けま
すので、プラチナやパラジウムの需要も景気の影響を受けます。

供給側から見てみると、その生産量の9割は南アフリカとロシアが占め
ています。中でも南アフリカはその周辺国と合わせて生産量の8割を占
めてますので、南アフリカ次第でプラチナの価格が決まると言っても過
言ではありません。

一方パラジウムについては、ロシアと南アフリカがそれぞれ4割づつ生
産しており、こちらではロシアも影響力を保持しています。生産地が世
界各地に点在している金とは違い、南アフリカとロシアの状況がプラチ
ナやパラジウムの生産に大きな影響を与えるのです。

その南アフリカですが、以前から鉱山労働者の組合と企業との間に労使
紛争が続発し、生産に支障をきたしています。さらに電力不足も重なり
2008年初頭にはプラチナ価格が上昇し、一時は2300ドルを付け
るまでになりました。

そしてその直後リーマンショックによるアメリカ自動車産業ビッグ3の
苦境により、いっきに下落、800ドルまで下げる事態となったのです。
この一連の動きは、供給の南アフリカ、需要の自動車産業という、それ
ぞれのプラチナ市場への影響力の強さを表していると言えます。

パラジウムの方は、ロシアが2000年に輸出停止措置を講じたところ、
100ドルから1000ドルに急騰する事態となりました。プラチナや
パラジウムは金ほどの流通性がないため、このように極端な動きをしが
ちです。

ちなみに2008年のプラチナ急騰時、ロジウムも1万ドルをつけて、
その後1000ドルまで急落しました。私の知る限り、この1万ドルと
いうのが、歴史上最も高い金属価格だったと思います。

プラチナはすべての金属の中で一番比重が重く、また融点も1768度
とかなり高いことから、坩堝(ガラスを溶かすための炉)や電極、自動
車の点火プラグなどに使用されています。プラチナはあまりに高価なた
め、省プラチナ化の試みは続いていますが、現在も難航している状況で
す。

一番重要なプラチナとパラジウムの需要は、自動車の排ガス触媒ですが、
これから市場規模が広がると言われている電気自動車には触媒を使用し
ません。もし現在使われている自動車がすべて電気自動車に置き換わっ
たとしたら白金(PGM)の需要は60%減少すると言われています。

これはプラチナの需要を揺るがす事態です。ただ電気自動車と同じく次
世代車と言われている燃料電池車では、反対にプラチナの使用量は増加
するようです。しかしこのプラチナの使用量が燃料電池車の価格の上昇
に繋がっているのも事実。いずれにしてもまだ白金の需要は当分無くな
りそうにないのだけは確かなようです。

関連記事

ページ上部へ戻る