ロンドン市場は現物。ニューヨーク市場は先物。その違いは

日本の貴金属店の店頭では、看板や掲示によって「本日の金価格」を表
示しています。あの価格が毎日変更されていることに、お気づきでしょ
うか。「本日の金価格」は、ロンドン市場の「国際金価格」や、ニュー
ヨーク市場の金価格を見すえて、お店で決めているものです。

ロンドンの金市場で取引がされるときの金の価格を「国際金価格」と言
います。これは現物取引の価格。先物取引と違って、売り手と買い手の
間で金価格を決め、現金と交換するというものです。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所は世界最大の先物取引所。199
4年にCOMEXと合併しました。先物取引は、売り手と買い手の双方
が、一定期間後に現物と代金との交換を約束するものです。

金市場は世界各国にありますが、市場が開く時間はずれているので、先
に開いた市場の価格は、次に開いた市場の価格に影響を与え、その次に
も・・・と、価格の影響が24時間休みなく世界中を回っています。

夏時間で言うと、日本時間の夜11時、ロンドン市場で「国際金価格」
を決めます。その時間帯にはすでにニューヨーク市場が開いているので、
この金の価格がニューヨーク市場に影響を与える傾向があります。

そのニューヨーク市場が、日本時間で深夜の2時30分に閉まります。
ですから、そのときの金の価格が、朝9時にオープンする東京市場にも
影響します。

関連記事

ページ上部へ戻る