変動する金価格。何が価格を動かすのか?

金価格は、当然ながら需要と供給の関係によって決まります。

田中貴金属店の店頭小売価格の平均でみると、2008年に1グラムあ
たり2937円だったのが、2010年に3277円、2011年には
4060円。2012年には4700円近辺です。

金市場は、ロンドン、ニューヨーク、香港、チューリッヒが、世界の4
大市場といわれています。東京やシドニー、上海、シンガポール、イン
ドなどにも、大きな金の市場があります。

最も注目されるのはロンドンで、「金価格は、ロンドンで決まる」とい
う言葉もあります。ここでの国際価格がニューヨーク市場など、ほかの
市場の金価格にも影響を与えるからです。その金市場で、価格にもっと
も大きな影響を与えるのが、投機マネー。

たとえば2008年にアメリカで起きたリーマンショックの影響で、急
激に金価格が上昇したことがあります。リーマンショックでは、それま
で好調だったアメリカ経済が、大きな打撃を受けました。

その打撃から経済を回復させるために、アメリカの金融当局がとった方
法の一つが、量的緩和政策でした。これにより大量のドルが市場に出回
りましたが、そのドルはリーマンショックで安心感を失った株ではなく、
安全資産とされている金に向かう資金となり、それで金価格が急上昇し
たのです。

そこまで大きな規模でなくても、日ごろ行われている経済関連の統計の
発表や、経済の先行きの見通しの報道によって、投資家が金に投資する
か、その他に投資するか方針を決めているので、それが日々の価格の変
動に影響を与えることがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る