金価格を上げたり下げたりするものは?

金市場の価格を動かしているのは、莫大な資金を持った投資家。世界中
に大勢いる投資家たちが、金の投資に関心を持ったり、関心を失ったり
することで、市場にさまざまな影響が生じます。

たとえば世界的に金融緩和傾向となり、市場に資金が大量に供給された
とき、金価格は上昇します。

金利が上がった時は、金利がつかない金より、金利を追求したほうがい
いということになります。それで投資家が他の投資先に注目し、金に投
資しなくなってしまうのです。それによって金の価格は下がることにな
ります。

金利が下がると、投資家は金に金利がつかないことよりも、金が安全資
産であることに注目し、金の投資に資金を投入します。それによって、
金価格が上昇します。

その他に、世界各国の中央銀行が金を大量購入することがあり、これも
市場に大きく影響します。2009年に、インド準備銀行がIMF(国
際通貨基金)から200トンの金を購入し、大きな話題になりました。
その影響から、金価格はその後、しばらく急騰が続いていました。

その時々の生産量の変動も、価格変動に影響します。日々、生産量が上
下する原因にはさまざまなものがありますが、金の生産量は全般に減少
傾向にありますから、長期的に見ると、今後の金の価格は上昇していく
でしょう。

ただ、将来もし「都市鉱山」からのリサイクルが活発になって、金の流
通量を増加させるほどになったら、金価格を押し下げるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る