円高・円安、金への投資に有利なのは?

金の国際価格は、「1トロイオンスの重さの金は、何ドルで買えるのか」
で表示します。

1トロイオンスは、金の国際価格の売買単位で、約31.1グラムに相
当します。

価格は米ドルで表します。これを米ドル建てと言います。

「金の国際価格が1700ドル」と表示されていれば、1トロイオンス
の金を、米ドル1700ドルで買えることを意味しています

日本で金を買いたいときは、店頭で表示された「本日の金価格」に、1
グラムあたり何円と表示されているので、その価格によって購入するこ
とになります。

そして、その価格は、次のようにして計算されています。

まず、ニューヨーク市場の1トロイオンスあたりの価格を、1グラムあ
たりの値段に換算します。そこに円ドルの為替レートを掛け合わせた価
格を、日本の金の取扱い会社が、その価格を毎日午前9時半過ぎに発表
します。

金の取扱い会社が発表した価格に、それぞれのお店が保険料や手数料・
消費税などを上乗せして「本日の金価格」を決めます。

貴金属店などで表示する店頭小売価格は、毎日このようにして決められ
るもので、当然、国際価格に準じて毎日変動するもので、国際価格の変
動が激しいときには、一日一回とは限らず、一日の間に何度か新しい価
格が表示されることもあります。

その変動に大きな影響を与えるのは、国際価格と円ドル相場。通常、ド
ル高円安のときに日本国内の金価格は上がり、ドル安円高のとき、日本
国内の金価格は下がると言われています。

関連記事

ページ上部へ戻る