銀の価格は安く、乱高下する余地は・・・あります・・・

田中貴金属店の税込小売価格で、2012年のある日の銀の価格は、
1グラム88・30円です。同じ日に、金とプラチナの価格がどちらも
1グラム4000円台でしたから、銀の価格がずいぶん安いことが判り
ます。

同時期の国際価格の月平均値も、金とプラチナが1トロイオンスでそれ
ぞれ1600ドル台、銀は33ドル。約50分の1の価格です。

価格の安い銀は少額で投資できますし、それだけに安全な感じがして投
資家には根強い人気があります。しかし銀の価格が安いことそのものを
原因として、莫大な投機資金が流入し、価格が乱高下することもあるの
で、十分な注意が必要です。

1970年代に、父親は石油王、自身も油田開発や石油事業に関わる大
富豪というアメリカのハント兄弟が、世界で購入できる銀の半分近くを
買い占めたことがあります。当然に銀価格は急騰し、一時は10倍の価
格に達しましたが、反動で大暴落も起きてしまい、兄弟は破産しました。

その後も、96年(平成8)、投資家のウォーレンーバフェットが、世
界の年間供給量の5分の1を買い占めたと発表して、このときも銀の大
暴騰が起きたことがあります。

銀は莫大な資金を持つ投資家に狙われることによって、急騰や暴落をす
ることがあります。銀は安く購入できる投資ですが、安い投資先が必ず
しも安定した投資先とは限らないということを、歴史が証明しています。

関連記事

ページ上部へ戻る