金価格に最も影響を与えるのは何?

2000年代に入り、金価格は高騰しました。その理由はいくつかある
のですが、2004年以降の顕著な例として、金の価格と世界の資金の
量が連動していることが挙げられます。

2004年1月以降、世界の資金の量が増加すればするほど、金の価格
が上昇しているのです。この資金の量の増加は、世界的な「金融緩和」
が原因でした。

アメリカをはじめとする先進国は、金融緩和を行い、景気を刺激してい
ます。金融緩和とは、お金を刷って、お金の供給量を増やすことを言い
ます。お金が増えれば1単位当たりのお金の価値が下がります。それに
対してモノの価値は上がるのです。当然モノである金の価値も上がりま
す。インフーレーションと同様の考え方です。

景気が悪い、これが金融緩和を行う一番の理由です。中央銀行がお金の
供給量を増やせば、市場のお金が増えて金利は下落します。金利が下が
ると安くお金を調達できるので、企業は設備投資をし、労働者を雇用し
てモノを作り、そのモノが売れれば、お金が回って景気が良くなる、と
中央銀行は目論み、金融緩和をしているのです。

しかしこれは、成功しているとは言えない状況。低金利でも、企業がお
金を借りて設備投資をしないので、雇用は増えず、モノも売れないので
す。そのためお金だけが市場にあまっている状態。こういう状態が続く
限り、1トロイオンス当たり100~200ドルぐらいの変動はあって
も、金の価格上昇というトレンドに変化はないと思います。

金融緩和はいつ終了するのでしょうか?2014年末まで金融緩和を続
けると、アメリカFRBのバーナンキ議長が明言しました。ドルの供給
量を決めているのは、FRBとFOMCですから、どういう方向性を示
すのか世界が注目しております。また経済危機が続くユーロ圏では、E
CBが金融緩和を積極的に進めています。

日本においても政権交代が行われ、安部政権が積極的な金融緩和を推進
した結果、為替相場が20円を超える円安となり、また日銀総裁も金融
緩和推進派の人物に交代したため、金融緩和の流れは変わりません。こ
のような世界規模での金融緩和により、金価格は上昇を続けることにな
るでしょう。

現在ドルが世界の基軸通貨ですが、アメリカの景気が後退すると、ドル
の価値が低下します。しかし現在のところドルに代わる通貨がありませ
ん。そうするとドルに見切りをつけた投資家は、ドルから資金を引き揚
げ、その資金をどこかに回す必要があります。そしてその投資先の有力
なひとつが金なのです。アメリカ経済が低迷を続ければ、資金は金に集
まったままでしょう。ただシェールガスなどによりアメリカの景気が持
ち直し、強い経済覇権が復活するかもしれません。そしてそれは金には
逆風になります。アメリカの経済次第で金価格の運命も決まるのです。

アメリカの景気が良くなり、金融緩和が終了すると、金価格は下落する
と思われます。繰り返しますが、アメリカ経済が金価格の運命を握って
おり、アメリカ経済のかじ取りをしているのはFRBの金融政策なので
す。

関連記事

ページ上部へ戻る