金とドルの価格とのビミョーな関係

金の価格と、世界通貨と言えるドルの価格との関係を調べてみると、そ
こにはユニークな関係が見て取れます。

元々金は、「有事の金」と言われ、隣国と国境線1つで接しているため
に紛争が絶えなかった国や地域においては、昔から自分の財産を金に換
えて守ろうとする意識が強いようです。つまり、簡単に持ち出せ、火事
になっても消失せず、他国に侵略されて仮に今まで使っていた貨幣が紙
切れになったとしても、世界中のどこでも換金できる金は、有事の際に
は何より信頼できる存在だったのです。

一方、ドルは、他国との通貨の信頼性の上で価格が上下し、先般のサブ
プライム・ショックでも明らかなように、米国やドルに対する不安によ
ってその価値を大きく下げてしまいます。世界中の投資家は、そのよう
なドルに対する不安が持ち上がると、その代わりに信頼できる金に関心
を寄せます。このため、ドルの実質的な価値が下がる前に、金への投資
傾向が強まり、金の価格は上昇することになります。

結果として、金とドルの価格は、逆に動く関係、つまり逆相関の関係に
あると言うことができます。ただし短期的に見ると必ずしも値動きが逆
相関とならない時もありますが、長期的に見るなら、そのような逆に値
動きする関係が金とドルにはあるといえるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る