金の最高値はいつ、いくらの値段が付いたのでしょうか?

金の価格決定に影響を与えるのは何だと思いますか?その答えは時代に
よって異なりますが、ここ3年ほどは、アメリカの金融政策、そしてユ
ーロ危機だと思います。世界経済の動向が金価格の決定に影響を与えて
います。

アメリカFRBのバーナンキ議長は2011年8月、2年後の2013
年半ばまでそれまでの低金利政策を続けると言い切りました。低金利政
策の期限を明確にしたのはこれが初めてでしたので、世界に衝撃が走り
ました。その結果、いっせいに金が買われ、現物値決めのロンドン市場
で1トロイオンス1896ドル、ロコ・ロンドン・スポット価格やニュ
ーヨークの先物で1925ドルをつけました。これが絶対値における金
の最高価格です。

金の価格そのもの、つまり絶対値では2011年9月につけた1925
ドルが金の最高値となりますが、もうひとつ知っておくべき価格は、1
980年1月の1トロイオンス当たり850ドルという価格です。

お金の価値はその時代によって変化するものです。お金の価値が上がる
デフレの時期もありますし、逆にお金の価値が下がるインフレの時期も
あります。1980年のドルの価値は現在よりも高く、インフレ率を加
味して考えると、1980年の850ドルは、現在の価値に直すと22
00ドル相当になるのです。つまり金とドルとの関係を相対的に考える
と1980年1月の850ドルが最高値と言えるのです。

ではなぜ1980年1月に金の値段が850ドルになったのでしょうか
?直接のきっかけはソ連のアフガン侵攻だと言われています。丁度前年、
イラン革命が起こり、さらには第二次オイルショックが重なりました。

そんな世界が混乱する中、ソ連はアフガニスタンに侵攻したのです。

このニュースをきっかけとして、金の価格は急騰、戦争など予想外の出
来事が起こると買われる、金の本領発揮と言ったところでしょうか。し
かし金価格は続伸せず、2日あまりで急落して元の値段水準にまで戻り
ました。それ以後、2007年11月まで、金の価格が800ドルの大
台を超えることはありませんでした。2011年9月の最高値は200
0年以降の上昇相場の中でつけたモノでしたが、1980年1月の高値
は2日間だけの突出した相場の中で記録したものだったのです。

アメリカの金準備法で1934年定められた1オンス35ドルというの
が近代における金価格の始まりと言ってよいでしょう。この価格はニク
ソン・ショックによりブレトン・ウッズ体制が崩壊するまで続きます。
その後のスミソニアン体制では38ドルまで引き上げられましたが、ス
ミソニアン体制は数年であえなく崩壊、各国は変動相場制へ移行しまし
た。その結果、金相場も変動するようになります。

その後は1980年1月に850ドルを付けた後、20年程停滞期が続
きますが、1999年最安値252ドルを付けます。この当時イングラ
ンド銀行が保有する金400トンを市場で売却しましたが、結果的に安
い値段で売却したことになり、当時の財務大臣で後に総理大臣になった
ブラウンは後々まで批判されることになります。2000年代に入って
からは上昇基調が続き、前述したように2011年9月に1925ドル
を付けるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る