金はなぜインフレにもデフレにも強いのでしょう?

金はなぜインフレにもデフレにも影響されないのでしょうか。それは、
需要と供給のバランスが影響しているのではないでしょうか。もちろん
金やプラチナだけではなく他の物でも同じ事が言えると思います。

では経済がインフレやデフレに傾いた場合、金の価格はどう変わるので
しょうか。その前にインフレとデフレについて少し触れておく事にしま
す。

インフレとは物の値段が上がり続ける事をいいます。例えば、1つ10
0円のおにぎりが1000円になったとします。これは1000円で1
0個変えたおにぎりが1つしか買えなくなってしまったという事です。
つまり価格が10倍になったおにぎりは通貨の価格が10分の1になっ
たのと同じこと。

そうなると、私たちの貯金やへそくりと言ったものの価値はどうなるで
しょうか。そう、私たちのへそくりも10分の1に目減りしてしまった
という事になります。こうなると私たちの生活は苦しくなるばかりで、
景気の悪化にも繋がるでしょう。

反対にデフレとは、物の価値が下がり続ける事をいいます。景気の悪化
で物が売れなくなった企業はどうなるでしょうか。その分物の値段を下
げます。すると企業の利益はひどく悪化します。社員の給料は削減され
家計がどんどん苦しくなります。その結果ますます物が売れなくなるで
しょう。この最悪の連鎖がデフレスパイラルと呼ばれる現象と言います。
デフレスパイラルの象徴として、ハンバーガーや牛丼の値下げ戦争が引
き合いに出される事が多いのはみなさんもご存じのとおりだと思います。

そのような状況下でも金の価値自体が変わらないことから、金は有事に
おいて強いとされ、特に政情が不安定な国ではその価値が認められてい
るのです。

関連記事

ページ上部へ戻る