財産を守るためには金が有効な理由

インフレやデフレの時、金の価格はどうなるのか。考えてみましょう。

マネーでもっていた財産はインフレになると目減りしてしまいます。1
00円のパンが1000円になったという事になると、マネーの価値は
10分の1になったという事になります。こうなると、明らかに資産が
目減りしているということがわかります。

しかし、金で持っていた財産はインフレになっても目減りする事があり
ません。何故かというと、金鉱山では金を採掘する為に多くの機械や設
備の費用、それを動かす為の大きな電力費、関わった人への人件費など
産出コストと言うものがかかります。

インフレになって様々な物やサービスの値段が上がると、機械代や電力
費、人件費なども一緒になって上がっていきます。つまりインフレにな
ると金の産出コストと言うものは上昇していく為、産出コストが価格に
占める割合が大きい金自体も値上がりしていくから。ですから、インフ
レに金はとても強いという事になるでしょう。

逆にデフレの状態になったら金はどうなるのでしょうか。

デフレというのは、景気の悪化です。デフレスパイラルから企業破綻の
連鎖が生じる可能性も否定できません。企業が倒産すれば、その企業に
マネーを貸していた金融機関も危なくなります。やがてその国自体の信
用が失われる結果になり、マネーの価値が暴落するでしょう。

そうなった場合、マネーで持っていた全財産は資産価値がゼロに等しく
なるかもしれないのです。しかし、金で持っていた財産ならどの通貨と
も交換できます。そう考えると金はデフレにも強いという事にも納得。

インフレやデフレに負けない、需要量も供給量も安定していて国際的に
も価値が認められている金やプラチナで財産を一部もつという事は、自
身の財産を守るために非常に有効な方法なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る