海賊はなぜ金のピアスをしているのか

ソクラテスは「金は人間の役には立たない」といったそうです。

金の魅力にとりつかれた人々が、金が欲しいばかりに犯罪を行ったり、
金をめぐって身を滅ぼしていることを言ったようです。他国の黄金を略
奪しようとしたり、国単位で行うこともあります。

しかし、逆にいえば、人がそれだけ金について高い価値があると見てい
るということ。そのことがイザというときに役に立つこともあるのです。

昔の欧米の船乗りは、正規の船乗りも海賊も、かならず金を身につけて
いました。映画などの影響で「海賊といえば金のピアス」というイメー
ジを持つ人も多いのではないでしょうか。日焼けした肌にゴールドのピ
アスはよく映えるものですが、金のピアスはファッションを目的として
使われていたわけではありません。

船といえば、木造の帆船しかなかったような時代に、長い航海をするこ
とは危険なことでした。

海では何が起こるかわからないし、もとの港に無事に戻ってこられる保
障はありません。嵐にあって船が遭難し、最悪の事態が起きたときのこ
とを考え、そのためのピアスだったのです。

もし、どこか見知らぬ外国の浜辺に自分の遺体が打ち上げられても、金
のピアスをしていれば、それを見つけた人が埋葬してくれるだろう。つ
まり、金のピアスを代金に、それ相応の葬儀をしてもらえるだろうと考
えたのです。

関連記事

ページ上部へ戻る